2013年11月04日

始めたところの夢

年、私達はそれを「初二年、私たちは、それを「未成年。
年、私達はすべてまだ子供。
それは晴れた午後、先生が持ってきた、雑誌は私達に教えて、彼は1つの作品を印刷して上。わずか数千字、クラスを宝物のような相互回覧。先生は私達に教えて、あなたたちが頑張っても、作品を活字になり。
私はその本をもらって、まるで一つの夢を抱いて柔らかく、一字一句をよく読んで、先生の話を深く心に覚えて。はい、私もできる。私からも頑張って私に向けての夢に向かって牛欄牌回收、毎週1回の週記に記録している私の足跡を見ていて、一つ一つのAで、まるで私を励ましてい:そう、このようにして。
あの時の私、あの星は無邪気でデリケートな心を信じて、堅持すれば、夢が葉う。
機会が来て、私は新聞で知った作文コンテストのニュース、興奮の一日寝てない、後の数週間、私はとてもの準1部の初稿、数回の改正は、何度誊稿、ついに完成しました。
私の慎重なそれを押し込む封筒とともに、夢の芽を、遠くへ。
その時間、私は期待して、同様に怖くて、もし続けてたらどうしますか。大丈夫、選ばなくて、一回運動といい、止まらずに自分を慰める。
時間の期待の中で自分の過去、それは決してわからない人々は焦る。
数ヶ月後。
午後の放課後、私はいつものように、片づけて家に帰って、受付を通って、例の問い合わせが自分の手紙。受付のおじいさんが忙しくて、私は自分で見。
まで行くようにはまだ、引き取り手のない手紙が隣、一目で自分の名前。当時私達自分のあの手紙を確認し、繰り返し何度も情報を確認し、自分はまるで飛んで天に、その喜びは今でも忘れられない。崤春寒料の天気、私は顔を真っ赤にして家に帰った道は小躍りする。部屋に戻ってから、ドアを閉め。私はゆっくりと手紙を引き裂いて、カラーの紙の上で、私の名前がは一行。
私は第2位の成績に數學補習再審。
後ろは各種手数料のカタログ。私はこういうの制度と首を始めたばかりの気持ちもない。私に手紙を入れた引き出しの最低層、そして、閉めた引き出し。
これまでは理解できないかもしれないから当時の行為は友達に聞くと、こんな事はペテン。私の気持ちは一夜で低~氷点。私は信じることができて、自分の夢の第一歩として、このまま葬れ。
後のしばらくの時間の中で、私はずっと気持ちが落ち着かない。
時間半年の歩いたことがあって、それは成長して巨大の長い歴史の中でゆっくりと流れ、根強い傷、そして事細かで、そして殘る道の傷跡は淺い、あなたに教えたことはありません。事がまだ終わっていないのかもしれない、すべてのがきっと別のから、この一年が終わった時は、先生を知らせなければ、私たちのクラスが集結して出書した。
何百篇原稿選ばれてきて、先生を唱えたそれらの名前。心の中の一つは燎原。破竹の勢い。
この本の中で、私の作品を収録した、5編で、確か。
私が初めて活字で印刷されて自分の作品、、僕の心の中に湧いてきた悲しい。
その悲しい灌漑した夭折の芽を、それらのタフに生きてきて。
今まで私はまだ覚えている、その本の名前は『始めたところの夢」
そう、夢の。
は私の夢の。
私はやっと発見して、私は自分の夢を忘れなかった、たとえそれが破られたことがあって、私は多くの人が見て雨もずっと歩いて、私は彼女に聞いて総雨刷新空、涙が笑顔になって笑顔を更新し、さらに曲がって次の虹。いつかの下に虹があなたに付き添ってあなたのほしい未来。
私はまた何か理由を忘れ、それを放棄する、私は泣きました。も立ち上がって笑っていた。
私の小宇宙が起き、挫折牛欄牌奶粉、くらえだろう。夢は、私は来た。


同じカテゴリー(青春记事)の記事画像
靜夜思,壹個人的時候
再好的美酒也不能解我的煩憂!
失戀日記
這就是幸福
同じカテゴリー(青春记事)の記事
 靜夜思,壹個人的時候 (2014-03-10 15:10)
 憶起初三的水晶記憶 (2014-02-24 16:01)
 絳珠草 (2014-02-08 10:37)
 那個漸漸模糊的背影 (2013-12-27 16:32)
 那时,路过的爱情 (2013-12-23 12:54)
 再好的美酒也不能解我的煩憂! (2013-12-20 13:45)

Posted by 烟花似雾 at 13:09 │青春记事


削除
始めたところの夢